太陽光発電の耐用年数

Tags: No Tags
Comments: コメントは受け付けていません。
Published on: 2013年11月4日

太陽光発電の設置を考える際、気になるのが、システムの寿命、耐用年数ではないでしょうか?耐用年数は、どのメーカーも明確には示しておらず、一般的にいわれる耐用年数は17~20年とされているようです。

AIST独立行政法人産業技術総合研究所が調査した結果には、研究所内のメガソーラーを比較しており、故障が少ないといわれる太陽電池モジュールでも、5年以内で3割の太陽電池モジュールで故障が発見されているとのことです。

太陽光発電システムを少しでも長く発電させたいと期待するのであれば、少しでも気になる箇所が発見したときは、すぐに連絡を入れることができ、迅速な対応が見込める、自宅近くの業者を選ぶと間違いがないようです。

また、パワーコンディショナーは、耐用年数10年~15年とされ、使用年数8~9年で、故障の発生率が高くなってくるとのことですので、保証期間が長い業者を選ぶことをおすすめします。

Welcome , today is 日曜日, 2017年3月26日